ふぉとの輪

ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

小倉城撮影記 〜カメラ初心者 上達への道〜

お題「カメラ」

ぶえっくしょん!!

こんにちは。花粉症で完全ダウン中のちゅうです。鼻水をたらしながらこの記事を書いています。みなさんは大丈夫でしょうか?

 先日、北九州の小倉をふらっと歩く機会がありました。もちろんカメラを持っていたので、初めてのスナップに挑戦してみました。時間は1時間程度だったんですがとても楽しかったので紹介します(´∀`*)

スナップというよりも、もはや小倉城の撮影になってしまいましたがその辺ご了承ください。

また、初心者の方向けに撮影時に意識した事を紹介します。自分のまとめにもなるしちょうどいい。

それでは、早速紹介いきますよー!!ぶえっくしょん!!

北九州小倉撮影記

イメージに近づくようにホワイトバランスを調整する

f:id:photo-no-wa:20180305213020j:plain

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm1:2.8G

これは個人的に結構お気に入り。長い時間、その場所でたたずむ寂しさや力強さを表現したいなぁと思いました。そのために、陰の感じや雲の感じを活かしたいなぁと思いました。

…うそです。そこまでかっこいいこと考えられません。なんか、城の迫力と日本っぽさが出たらいいなぁくらいです。陰や雲はなんとなく入れたらカッコ良さそうだなぁくらいです。いきがってごめんなさい。でも、簡単なイメージでもいいのでどんな写真を撮りたいかというイメージを持っておくことは大事かなと思います。

あと、大事だなと思ったのがホワイトバランスこれを変えるだけで写真の印象がころっと変わる。自分のイメージに近づけるためにもその特徴は分かっておいた方がいいと思います。

今回は少しレタッチしていじりました。あんまり…というかものすごくレタッチは苦手なのですが試行錯誤するのも楽しいですね(´∀`*)イメージに近づけていく作業がなかなか楽しい。…時間かかるけど( ;´Д`)

今回は寒色系に調整してみました。カメラにもともとついてあるホワイトバランスではなく、マニュアルで調整してみました。ぼくにとっては初の試み。思いのほかやり方は難しくなくて、ある程度イメージしたものに近い感じにできました。

構図を意識する

f:id:photo-no-wa:20180305213103j:plain

f:id:photo-no-wa:20180305213050j:plain

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm1:2.8G

この2枚は構図を意識しました。ぼくは、構図といえば3分割構図と2分割構図位しか意識できてないのですが、今回はフレーム構図を意識してみました。両サイドの建物とそれをつなぐ通路でフレームを作ってるんですね。

え?それにしては主題の城が小さいって??

それは…まぁ、すみません。

でも、まぁ小さくても主題ってわかるでしょ?それはフレーム構図の効果だと思うんです。主題を明確にしてくれるのがフレーム構図の大きな効果だと思います。そういう意味でも効果あり。

そして、今回価値があるのはそれを狙ってしたということ。意図的に構図を意識して写真を撮れたことは、ぼくにとって大きなことです。あまり、ガチガチに構図にこだわる必要はないとは思いますが、意識するかしないかは大事だと思うんです。構図にあてはめるからいい写真とは言えませんが、失敗は少なくなるんじゃないかなと思います。『なんとなく撮る』ではなく『ある程度の意図をもって撮る』ということを大切にしたいです。

まとめ

今回の撮影で特に意識したことは『イメージをもつこと』『ホワイトバランス』『フレーム構図』の3点。厳密にはもう少しありますが、とにかくこの3点は今回一番意識したことです。

まぁ、意識しただけで急にいい写真が撮れるわけではないですが、その積み重ねが大事なのかなと思って頑張っております!!

課題はやっぱレタッチですね。特に、ノイズ処理。今回、少し暗い環境での撮影でISO感度を高めにして撮影しました。更にレタッチ時にいじりすぎたのか、現像するとたくさんのノイズが発生してしまいました。

あわてて調整し直して、なんとかみれる感じにはなったかなとは思うんですが、やっぱりまだまだ勉強が必要です。今後はレタッチについても勉強していきたいですね!

とにかく自分で課題を見つけて改善できるように頑張ることは楽しいです!みなさんも何か新しい発見がありましたら教えてくださいね(´∀`*)

それではみなさん、良いカメラライフを!!ぶえっくしょん!!!!