ふぉとの輪

ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

初心者向けレタッチ法! 〜1色だけ使ってレタッチをしてみよう!〜

みなさんこんにちは!ちゅうです。

最近、カメラは触っているのですが子どもの写真ばかりでゆっくり撮影できていません…。悲しい…。

そこで、以前撮った写真の中で失敗写真として現像もせずにとっておいたものを見返してみました。どうせ失敗作品としてみないなら遊んじゃえ!と、その中から何点かLightroomを使って遊んでみましたので今日はそのことを紹介します。

Lightroomで遊んでみた

結論から言ってLightroom便利!以前はメーカー純正のソフトを使っていたんですが、Lightroomを導入してからかなりレタッチがやりやすくなりました。ホント、おすすめ!

最初のうちは全然わかりませんでしたが、使っていくうちに少しずつ使い方が分かるようになってきました。…まだ、分からないことの方が多いですが(^_^;)

 1色だけ使ったレタッチ

今回ぼくは『彩度』と『HLS』という項目を使って1色だけカラーにし、他の色はモノクロというレタッチをしてみました。

分かりにくいですね( ̄▽ ̄;)こんな感じ。

f:id:photo-no-wa:20180522221408j:plain

これは、緑だけカラーにしたんですね。本当は写真上部の草のところも緑なのでカラーになるはずなのですが、今回はブラシツールを使って瓶のところだけに色がつくようにしました。

結構印象的になったと思います。嫌でも緑のびんに目がいくでしょ?

ちなみに元の画像はこれ。

f:id:photo-no-wa:20180522221346j:plain

うーん、なんかイマイチですよね。せっかく面白い被写体なのに、それを活かしきれてない。インパクトがないというかなんというか…もったいないですね…。

レタッチ方法は超簡単!!

まずは『彩度』を0にして、モノクロ写真にしてしまいます。その後、HLSというタブを開き(彩度とかの下の方にあったと思います。)自分がカラーにしたい色の彩度だけをあげます。

そうすると、その色だけカラーになり、他はモノクロになります。ちなみにHLSには彩度だけでなく輝度などもあり色の感じを調整できるのも嬉しいポイント!

部分的に色をつけたい場合は?

部分的に色をつけたい場合はブラシツールを使います。

まずは、先程と同じでように彩度を0にし、モノクロ写真を作ります。

次にブラシツールをクリックします。すると、下にブラシツールの設定が出てきます。そこで、彩度を上げて、マウスを色をつけたいところにもっていきドラッグしながらグリグリするとグリグリした所だけ色が付きます!

ただし、このグリグリを雑にすると周りの色も出てしまう可能性があるので丁寧にしましょう!

失敗写真もかっこよく!!

この方法を使うと失敗写真や気に入らなかった写真もちょっとかっこよくなります。

例えばこんなのも。

f:id:photo-no-wa:20180522221326j:plain

ロードバイクに乗る人。

なんか完全にイマイチ。ロードバイクがカッコいいと思って、とっさに撮ったのですが、なんかカッコ悪い。

そこで、またLightroomで1色にカラーを絞ってレタッチすることに。今回ぼくはロードバイクがカッコいいと思って撮影したのでロードバイクの色、『赤』のみカラーにすることにしました。

それがこちら。

f:id:photo-no-wa:20180522221335j:plain

ちょっとカッコよくないですか⁈

ちょっとアンダーな中で浮かんでくる赤がカッコいい。個人的には満足している一枚です。

まず、彩度を落としてモノクロにすることで印象ががらっと変わりますよねー。ダメだと思った1枚もモノクロにすることでカッコいい1枚になったりもします。

それと、今回活用したHLSを組み合わせることでより印象的な1枚にすることができました!

まとめ

いかがでしたか?今回はLightroomの使い方ということで、HLSを使ったレタッチ方法をご紹介しました。ところどころ説明不足で分かりにくい点もあると思いますがごめんなさい。

とりあえず、彩度を落としてHLSで一色だけカラーにするとこんな感じになるよっていうのだけお伝えしたかったので…。

自分の中で失敗写真だと思ってたのがレタッチで満足できる作品になったら嬉しいですよね。それに、こんなレタッチもあるんだって知れば撮影の幅も広がると思うんです。作品の完成形のイメージが広がるというか…。とにかく、ぼくが楽しければそれでいい!!(笑)

まぁ、レタッチに関しては人それぞれ考え方があると思いますので、ご自身の好みの範疇でされたらいいと思います。

ぼくは、まだまだ全然Lightroomの使い方が分からないので分かったことはこうやってまとめていきたいと思います!…忘れないように。

みなさんの工夫点も是非、教えてくださいねー!

それではみなさん、良いカメラライフを!!