ふぉとの輪

ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

ぼくがα7Ⅲを購入しなかった理由

みなさんこんにちは。

年末年始、ボディ買い替えたい欲で悶々としておりました、ちゅうです。

 

さてみなさん、SONYの誇るフルサイズミラーレス。

そのうちのモンスター的な性能のベーシック機といえば、そう、α7Ⅲ!!

欲しいよねー。欲しいに決まってるよねー。 

 

そんなα7Ⅲですが、一時期マップカメラで20万円を切っていました。

 

…ん?

これ…へそくりとα7Ⅱを下取りに出せば買えるんじゃね?

 

こんなことを思ったら最後、買うかやめるか悶々と悩むことになりました。

結果からいうと買わなかったんですけどね…。

α7Ⅲについて

f:id:photo-no-wa:20181223203315j:plain

 α7Ⅲといえば、コスパモンスター!!

2018年発売のSONYの最新フルサイズミラーレス機です!!(2019年1月現在)

 

ベーシック機といいつつ、SONYのハイエンド機であるα9と高画素機α7RⅢのいいところどりをした機種とも呼ばれています。

機能によってはこれらの機種を上回っている部分も。

 

しかも、それでいて値段が20万円以下ってどないなっとんねん!!

 

欲しいに決まっている。

 

詳しいスペックはホームページをみてください。

今回はそんなα7Ⅲについてぼくがいいなと思うのは以下の点。

 

今回、貼り付けてるα7Ⅲに関する画像は全てSONYホームページより引用したものです。

 

オートフォーカス半端ねぇ

以下ホームページ引用。

 α9に搭載された撮像エリア全体の約93%をカバーする693点像面位相差AFセンサーを搭載。広い範囲のAFエリアがフレーミングの自由度を高めます。加えてコントラストAF枠が425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上。AF速度、追随性能もα7 II比で約2倍(*)向上しました。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能がさらに進化。振り返りやうつ向き顔など、瞳にピントを合わせるのが難しい場面も瞬時に瞳を検出し被写体を捉え続けます。

f:id:photo-no-wa:20190110150559j:plain


 

よくわかんないけど、つまりオートフォーカス半端ねぇってこと。

すごそう。

 

特に瞳オートフォーカスの性能アップがすごい!!

正直、α7Ⅱではそこまで使ってないけど、ここまで性能アップしてるなら使えそう。

実際に使っている方のレビューをみても、かなり良さげ。

 

欲しい。

 

暗所性能半端ねぇ

ぼくがα7Ⅱで不満なことの1つに暗所に弱いということがあります。

それが、α7Ⅲには大幅にグレードアップ

かなり暗所に強くなったようです。

 

これはいいですねー。

α7Ⅱでの暗い場面の写真は、どうしてもレタッチしている時にノイズが気になります

Lightroomなどで軽減はするんですけどやっぱりザラザラするんですよね。

f:id:photo-no-wa:20190110205051j:plain

 

新しいセンサーで画質改良!!

α7Ⅲはα7Ⅱよりもセンサーが改善されています。

このおかげで、画質もかなり向上。

 

上記の暗所耐性が高くなったのもこのセンサーのおかげなんですね。

あと、ダイナミックレンジが広くなったのも個人的には高ポイント。

明暗差が大きい場面でも安心して撮影できます。

夕焼けや朝焼けなども美しく撮影出来ることと思います。

f:id:photo-no-wa:20190110213806j:plain

 

それでも買わなかった理由

いや、最高でしょ。

このカメラ欲しい。

そう思って、何度もお金の計算をしました。

 

買える。買ってしまおうか。と何度思ったことでしょう。

それでも買わなかったのはある理由があります。

 

α7Ⅲでないと撮れない撮影をしているのかということ 

 α7Ⅲは最高に使いやすい素晴らしいカメラだと思います。

ぼくがもし初めてのミラーレス購入の助言を求められたら、確実におススメする機種の1つです。

ぼくも、何度も購入する妄想をしました。

 

買ってあんな撮影をしよう。

あそこにも行ってみたい。

そんなことを考えていました。

 

でも、ふと思ったんです。

『あれ?それくらいならα7Ⅱのままでも出来るんじゃね?』

 

そう、α7Ⅲでないと撮れない撮影というのがイメージできなかったんです

 

ぼくの場合、撮影出来るものは限られています。

家族との時間が最優先なので、一人で山を登ることもないし(登りたいけど)、今は動きものを撮ることもありません。

 

広いダイナミックレンジも高性能のオートフォーカスもそこまで必要ではないのです。

 

そりゃあね、あったらあったにこしたことはないですよ。

でも、ぼくの場合はコツコツと貯めたへそくりを全て投げ打ってまで購入する価値があるとは思えませんでした。

 

レンズや他の機材を買った方がいいのでは?

f:id:photo-no-wa:20190110212736p:plain

そう思うと、レンズや他の機材を買った方が、幸せになれるのではないかと考え始めたんです。

 

今後は身近かな所で星も撮ってみたいし、実家に帰った際は海を広く撮ってみたいとも思います。

そう考えると、それらに適したレンズを購入するのもありだと思いました。

 

あと、最近少しライティングにも興味を持ち始めたので、ストロボ関係の機材を購入するのもいいなと思いました。

多分、撮影の幅が広がる気がする。

 

まとめ

何度言いますがα7Ⅲは素晴らしい機種です

ただ、ぼくの場合はボディを変えるより、レンズや他の機材をそろえる方が撮影の幅が広がると思うんです。

 

ボディを買い換えるのはα7Ⅱでは、なかなかうまく撮影できないと感じるようなシチュエーションで撮るようになってから。

α7Ⅲや他の機種のこの長所があると、すごく撮影に役立つと感じるようななってからでいいのかなぁと思います。

 

とりあえず今はα7Ⅱで大抵の撮影はまかなえる…というか充分すぎるくらいなのでボディの買い替えは、安くなっていたとしても待ちたいと思います。