ふぉとの輪

ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

ふぉとの輪カフェ ~マグカップを撮りたくなった~

みなさん、こんにちは。

ちゅうです。

 

先日、お伝えしたように新たな趣味としてコーヒーを始めたワタクシ。

まだ、全然うまく淹れられませんが、なかなか楽しいです。

 

photo-no-wa.hatenablog.com

 

豆挽いて、ドリッパーをセットして自分で淹れるというのが楽しい。

 

まぁ、ぼくのコーヒーライフは今後、もっと詳しくなってからゆっくりと公開していきます。

今回の主役はマグカップ!!

で、今日の主役はタイトルにもあるようにマグカップ!!

ぼくはこれまで、コーヒーを飲む時は大きなマグカップで飲んでたんですね。

でも、コーヒーってだいたい一杯150mlくらいなんですって。

 

知らなかった・・・。

絶対に300mlくらい飲んでた・・・。

 

それで、実際に淹れてみると150mlって小さなマグカップで全然いいんですよ。

もちろん大きなマグカップに150ml淹れてもいいんですけど。

 

そんなことから、マグカップに少し興味をもって、家の中をあさっていたらなんかいい感じのマグカップを発見!!

それにコーヒーを淹れてみました。

 

そう、まさに今!!

今、現在進行形でこの記事は書かれております。

 

写真撮りたい・・・。

んで、良い感じのマグカップにコーヒー淹れてブログの記事を書くためにsurface出して、今に至るわけです。

 

なんだか、おしゃれです。

リア充になったかのような充実感を味わっております。

 

が、そんなことをしているとカメラ脳のぼくは思うわけですよ。

 

写真撮りたい・・・。

f:id:photo-no-wa:20181211230337j:plain

すでに、準備万端です。

 

この写真はiPhoneで撮ったものですが、こんな写真もちょっとレッタチしてオシャンティーになりたい。

f:id:photo-no-wa:20181211230358j:plain

・・・ステキ(*´ω`*)

たまにはこんなことしてみたい。そんなお年頃なわけです。

 

今回のレタッチ、全てフォトショップの無料アプリでしたんですけどめっちゃ簡単。

なんかプリセットみたいのがいっぱいあって、一番イメージに近いのに合わせてあとは微調整。

3分で終わりました(笑)

ちょっと極端な感じもするけど、こんなのもたまにはいいよね。

 

撮ってみた

実際に撮ってみました。

 

この時、カメラに着いていたのはSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA。

f1.8の明るさも開放から切れ味抜群と評価の高いこのレンズ。

こいつで撮るなら間違いない!!

f:id:photo-no-wa:20181211231301j:plain

・・・

・・・

・・・よ、寄れねぇ!!!!

 

忘れてました。

このレンズ寄れないレンズだった。

完全にテーブル下のマンボが見えてしまっている…。

生活感丸出しになってしまった。

 

仕方ないからトリミング。

f:id:photo-no-wa:20181211231653j:plain

これで良しとしよう。 

まとめ

なんやかんや楽しかった。

マグカップは意外とフォトジェニックなんじゃないだろうか??

撮ってて楽しい。

 

で、やっぱりこうやって室内で撮るとストロボが欲しいなぁとも思います。

ボーナスも出たし、ちょっと検討してみようかな?

SONY α7シリーズの望遠レンズが欲しい!

みなさん、こんにちは。

先日、佐賀県に紅葉を撮りに行ってウハウハのちゅうです。

その時のことをまとめた記事はこちら。

たくさんの方に読んでいただき感謝です。 

 

photo-no-wa.hatenablog.com

photo-no-wa.hatenablog.com

 

 

いやぁ、ほんと楽しかった。

平成最後の秋に思い残すことはありません。

 

ただ、その撮影の時にふと思ったのが『望遠域が足りない!』ということ。

ぼくのメイン機のSONY α7Ⅱに対応したレンズは以下の2つ。

  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
  • TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD – A036

 

・・・見事なまでに標準域のみ。

 ただ、広角域はタムロン先生のズームレンズでまだなんとか対応できます。 

 

ただ、望遠は。

望遠は厳しい。

 

特に、紅葉を撮る時とかは望遠レンズ使いたいんですよね。

望遠レンズの特徴でもある、圧縮効果も活かしたいし。

 

超広角レンズも欲しいけど、ぼくの撮影スタイルを考えると、完全に家族と行動を共にした上での撮影がメインなので、超広角で構図を決めてじっくり撮影というよりも、望遠レンズで家族の写真を遠くから撮ったり、今後子どもたちが大きくなった時に運動会などの行事を撮ったりすることの方が多くなりそう。

 

そう考えるとやっぱり望遠レンズが欲しくなってしまいます。

 

と、いうわけで今回は久しぶりの物欲記事です!!

みなさま、最後までよろしくお願いいたします。

f:id:photo-no-wa:20181209231838j:plain

 

SONY α7シリーズ望遠レンズ候補

今回は、マウントアダプターなどを使用しないことを前提に候補を挙げていきます。

やっぱり、カメラに直接取り付けたい!!

 

そうなるといくつか候補はあるのですがSONYの誇るGMレンズは値段がぶっ飛んでいるので除外。

レンズ単品に20万オーバーはさすがにきつい・・・。

それなら、新しいボディ買えるやん。

 

そうなると残る候補は以下の2つかなぁ・・・と思います。

FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

最有力候補はコレ!!

 

まず、望遠レンズでF4通しはいいですよね。 

ぼくは、望遠レンズに関してはあまり明るさを求めてはいませんが、それでもF4通しはありがたい。

望遠は特に手ぶれにシビアなので、少しでもシャッタースピードを稼ぎたいところなので70-200の焦点域でF4で通してくれるのはうれしい限りです。

 

お値段もおよそ13万円から14万円で購入可能

安くはないですが、手の届かない金額でもないというところ。

 

ぼくの中で最有力候補なのですが、一つ気になるのが焦点距離

望遠域の最大が200mm。

 

これ、どうなんだろう?

普通の撮影ならまだしも、子どもの運動会ともなると若干足りないんじゃないか?

全国のカメラパパ、教えて?

 

クロップモードを使っても300mm。

サブ機のNikonのキットレンズの望遠息がAPS-C機で200mmだったので35mm換算で300mm。

これで、運動会は問題ないのだろうか・・・。

 

そんな一抹の不安がよぎります。

 

そう考えるともう一つの候補が頭をよぎります。

 

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

次に候補にあがるのがこのレンズ。

焦点距離が300まではあるのは魅力的です。

 

値段もまぁ、先ほどのレンズとどっこいどっこい。

レビューを見る感じ、ボケが若干きたないという意見もありますが、そこそこの写りとのこと。

特に中央部の解像度はいい感じみたいですね。

 

じゃあ、これでいいじゃん。と思わなくもないのですが、1つ引っかかるのが明るさ。

先ほどそこまで明るさは重要視していないと書きましたが、シャッタースピードのことも考えると明るいにこしたことはないというのもたしか。

 

そこさえ、クリアできればこのレンズで決定なのですが…。

 

他にも気になる存在が

現状ではこの2つのレンズが候補なわけですが、他にも気になる存在が…。

 

それは、やはり、タムロン先生。

 

なんか、来年に望遠域のレンズを発表するとかしないとか⁈

発表するとなると、やはりF2.8通しでしょうし、値段もおそらく15万円以下になるでしょう。

そうなると、上記のレンズと値段が変わらないうえにより明るいレンズということになります。

 

そして、タムロン先生からそんなレンズが出るとなると、上記のレンズも値段が落ちる、もしくはキャッシュバックキャンペーンなんかを実施するかもしれません。

 

それなら、もう少し待つのが吉かなと思うわけです。

…ごめんなさい。お金がなくて買えないだけです。

 

まとめ

久しぶりに物欲記事を書いてみたところですが、正直、そこまで必要性にかられているわけでもありません。

 

ただ、まぁ、今のレンズ構成だと望遠域が足りないので、望遠レンズを使う場合はNikonのD5300を使っているのが現状です。

 

それはそれでいいんですが、そうなると機材悩むんですよ。

『望遠は必ず使うからNikonを持って行くとして、SONYはどうしようかな。持って行きたいけど、荷物多くなるし…。』って。

 

それなら、SONYの望遠レンズ1つあればSONYで全てまかなえてラクです。

 

とは言いつつ、Nikonも好きなのでそうやって活躍の場を残している現状も楽しかったりするんですけど…。

 

とにかく、もう少し現状で楽しんでゆっくり検討していきたいと思います。

おすすめあったらぜひ教えてください!!

佐賀撮影記~番外編 イメージをもってレタッチする編~

みなさんこんにちは!

ちゅうです。

 

先日からお送りしている佐賀撮影記が、思っていたよりもたくさんの方に読んでいただき、感動しています。ほんとありがとうございます。

読んでいない方はこちらから。

photo-no-wa.hatenablog.com

photo-no-wa.hatenablog.com

 

ちなみにぼくは佐賀という土地には縁もゆかりもありませんが、なぜか思い入れのある写真を撮らせてくれる不思議な土地でもあります。

 

以前、旅行出張に行った時の記事はこちらです。

photo-no-wa.hatenablog.com

ある意味、この時撮った写真があるから今日もこうやってかめらについてあーだこーだ考えているのかもしれません。

それほど、撮影が楽しく、夢中になれた旅行出張でした。

 

さて、今回は先日からの佐賀撮影記の番外編。

最初に言っておきます。

 

今回の撮影・・・

佐賀、ほとんど関係ありません!!

 

ごめん!!

佐賀県民のみんな、ごめん!!

 

でも、佐賀はいいとこですので是非、一度は足を運ばれてください。

 

今回の記事は、佐賀(?)の撮影記であると同時に今回の被写体を撮って、レタッチする際にぼくが考えたことをまとめています。

そのため、初心者の方向けの記事にもなっているのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

佐賀県唐津城に行ってきた!!

佐賀旅行の最後に佐賀県唐津城に行ってきました。

ここは藤棚が有名で時期によってはとても美しい藤棚を見ることができます。

まぁ、今回は見れるはずもなく・・・。

 

f:id:photo-no-wa:20181204230049j:plain

でも、すごく立派なお城です。

お城らしいお城。

 

そして、高台にあるので眼下にはとてもきれいな風景が広がっています。

f:id:photo-no-wa:20181204230152j:plain

どうですか?みなさん!!

最高でしょ?

もうなにも必要ないくらい最高でしょ?

 

ハイ、コレで唐津城関係の写真はおしまいです・・・。

撮ってきたのは城ではなく・・・。

ここで記事を終えると全国100億人のふぉとの輪ファンから怒られそうなのでもう少し続けます。

ところで日本って、100億人も人口いたっけ?

あ、そうか、ワールドワイドなブログだった。日本語オンリーだけど。

 

唐津城もとてもいい所なのですが、今回、唐津城で一番撮ったのはこちら。

f:id:photo-no-wa:20181204230536j:plain

そう!

ネコ!!!

 

ネコって結構撮影されている方多いじゃないですか?

ぼくの家の近くの美術館ではネコの写真を取り上げたイベントもあったほど。

 

この唐津城

めっちゃネコがいます。

 

正確に言うと唐津城のふもとですね。

今回は高齢の祖母もいたので城に登るためにエレベーターをしようしました。

そのエレベーターまでの道の間にめっちゃネコがいます。

 

しかもこのネコたち、かなり撮られなれているのか、すごく近くまで寄っても警戒することはありません。

むしろ大きなあくびをして待ち構えております。

・・・それはそれで野性としてどうなんだ?

 

ネコのレタッチについて

ネコを撮影して思ったこと。

それは・・・レタッチが難しい!!

 

たくさんの方に撮られているからこそ、そのイメージに流されやすい被写体。

だからこそ、自分のイメージを明確にすることが大切なんだと思います。

 

先ほど掲載した写真はネコのやわらかな雰囲気を表現しようと思ったので、コントラスト、明瞭度、彩度を落とし気味でレタッチしてみました。

ふわふわっとしたネコらしさがでたんじゃないでしょうか?

 

f:id:photo-no-wa:20181204231419j:plain

一方こちらは、ネコの毛並みの質感や雰囲気をできるだけリアルに近づけたいと思ってレタッチした一枚。

コントラスト、明瞭度、彩度を少し上げてレタッチしたことで、リアルで現実的、野性的なネコをイメージしました。

 

この写真で思ったのが、ピントが合うとα7Ⅱでもしっかり解像してくれるということ。

毛先の一本一本しっかり解像してくれてビックリしました。

素数も普通だし、ローパスフィルター有りなので解像度には不安があったのですが、十分な写りですね。

 

続いてこちら。

f:id:photo-no-wa:20181204231909j:plain

・・・寝てる。

 

そう、このネコは眠いんです。温かい日差しを浴びて、ただただ眠いんです。

ちなみに向かって右側のひげの先についてる黒い点はレンズの汚れではありません。

小さな葉っぱのかけらです。

 

小さな葉っぱのかけら?

撮影?

カメラ?

 

そんなの関係ニャイ!!

わたしゃ、眠いんニャー!!

 

そんなネコの気持ちを想像してレタッチしました。

 

ホワイトバランスを少し暖色気味にし、彩度は若干落としつつ、露光量を上げることで柔らかな日差しを表現しました。

 

それにしても、気持ちよさそうだなぁ・・・。

ぼくのレタッチが正しいという話ではない・・・。

今回、言いたいのはぼくのレタッチが正しいとか上手くできたとかそういう話ではなく、自分のイメージに近づけるためのレタッチができたということ。

 

どんな一枚にしたいのか。

どんな雰囲気にしたいのか。

 

そんなことを考えながらレタッチすることができました。

多分、それが大切なんだと思う。多分。詳しいことは知りません。

 

まとめ

まぁ、とにかく、何が言いたいかというと佐賀最高だということ

今回はこれにつきます。

 

紅葉も素晴らしい。

城も素晴らしい。

極めつけにネコまですんばらしい。

 

他に何が必要??

 

本当、めちゃくちゃ楽しい撮影ができました。

また、こんな風に撮影したいなぁ(´▽`*)

 

みなさんもぜひ佐賀においでませ!!

 

佐賀で紅葉を撮ってきた!!〜2日目 環境芸術の森〜

みなさんこんにちは。

 

前回、ご紹介した佐賀での紅葉撮影記1日目。

思っていたよりもたくさんの方に読んでもらえて、涙が枯れるくらい感激の涙を流しております、ちゅうです。

 

みんなありがとう!

 

ちなみにまだ1日目の記事読んでないよーって方はこちらから。

photo-no-wa.hatenablog.com

 

ということで、今回は2日目。

2日目でも思ったこと。

 

それはやっぱり、SAGA最高☆

みんな佐賀に行ってみよう!!

紅葉終わったけど、とりあえず行ってみよう!!

唐津市の環境芸術の森に行ってきた! 

さて、2日目はどこに行ったかというと唐津市の環境芸術の森

 

ここ、結構マイナーだと思う。

iPhoneのマップで探しても出てこないし( ̄▽ ̄;)

土地勘のない人は事前に調べていかないと確実に迷います

グニャグニャした山道をしばらく登って、環境芸術の森に着く前に道から見える景色が絶景という素晴らしい場所。

 

ここで、何をするかというとやっぱり紅葉狩り

2日連続の紅葉狩りですが、やっぱり秋は紅葉狩らないとね!

 

環境芸術の森のパンフレットがこちら。

f:id:photo-no-wa:20181130081302j:plain

パンフレットだけで絶景と言える奇跡。

こんなの撮りに行かないともったいなすぎ。

到着!!やっぱり見頃は終えてるが…

車で山道登ってようやく到着。無料駐車場もあるので車で行けるのが嬉しい。

子どもも大喜び!

 

休憩所があって、その周りの山道を少し散策しながら紅葉を楽しむといった場所。

スタッフの方の話によると、今年はピークが10日ほど早かったそう。

やっぱり葉がだいぶ散って少し寂しげでした。

 

とりあえず撮った一枚がこちら。

ちなみに今回もSONYのα7ⅡとTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD – A036の組み合わせで全て撮りました。

f:id:photo-no-wa:20181128225019j:plain

両サイドがかなり葉が落ちちゃってるけど、まぁ、これはこれできれい。

今回の旅行で認識したのは、紅葉狩りはピークを終えたら終えたで新たな味が出るということ。

多少見頃を外しても面白い。

 

ただ、この写真リフレクションがイマイチなんだよなぁ。

これは多分、構図の問題。

池の面積を広く撮ったけど、むしろそこを狭くして空を入れた方が良かったのかなぁ…。

構図は正解が分からない。

 

ただ、ぼくの愛読ブログの『ケロカメラ』でも言ってたけど自分の写真を見返すことが大事だし、ぼくは見返してあーだこーだ考えるの楽しいので、これからも自分の写真見直していろいろ考えたい。

kaerucamera.net

光と陰を意識して撮ってみた

f:id:photo-no-wa:20181129230434j:plain

最近はまってる…というか意識してる光の当たり方。

個人的には明るい部分と暗い部分がある写真が好き。

 

この写真も結構お気に入り。

どの角度から撮ったら光と陰がいい感じになるかなと考えて撮った一枚。

 

ステキでしょ?

問答無用で頷くところですよ?

f:id:photo-no-wa:20181129230809j:plain

これは、光の差し込むのが見えた瞬間、撮りたいという衝動に駆られた一枚。

ほぼイメージ通り。

 

ただ、レタッチする時が難しくて、どこまでシャドー部分を引き上げようか悩みました。

もうちょっと暗くすると光の当たってる部分が強調されるんだけど、写真全体が暗くなってしまう、でも、強調されていい感じ…。

とか、いろんなところを行ったり来たりしてここに落ち着きました。

光の当たる箇所を強調しつつ、画面全体の明るさもたもてたかなぁ…と思ってます。

 

ステキでしょ?

首のストレッチか!ってくらい頷くところですよ?

リフレクションも撮れちゃう!!

先程、休憩所があると言ったの覚えてますか?

あれ、大事な伏線だったんです。

 

実はこの休憩所こそが、今回一番の絶景スポット!!

室内に漆の机があって、そこから外の景色をリフレクションしちゃってすごくってテンションガンガン上がってすごくってリフレクションがすごい!!!!

…もうなに言ってるかわかりませんね…。

 

説明する語彙力がないのでみてください。

f:id:photo-no-wa:20181128224941j:plain

ウッホホーイ!!

リッフレクション!リッフレクション!!

 

ここで、ぼくのテンションはMAXです。

上がりすぎて脳の血管切れました。

うそです。本当に切れてたら今頃ブログ書けてません。

 

ただテンションMAXは本当。

めっちゃきれいでしよ?

こういうの撮ってみたかった。

漆の机に外の景色が反射してるわけ。椅子の設置も素晴らしい。

ここのスタッフ、完全に狙ってる。写真好きなのかな?

 

ちなみに人が多い時は室内でこのように撮影することは禁止しているそうです。

見頃が終わって人が少なかったから撮れた一枚。いいタイミングだったなぁ。

 

この椅子に祖母に座ってもらって一枚。

f:id:photo-no-wa:20181128224959j:plain

…いい!!

構図的に少し不満があるけど、もういい。

ぼくはおばあちゃんっ子なので、こうやって祖母をモデルにして写真を撮れて良かったー(´∀`*)

 

祖母の醸し出す雰囲気と外の景色が合う。

やっぱり、こうやって主題(祖母)と副題(紅葉)があるとストーリー性が出る気がする。

まとめ

とにかくこの2日間で感じたことはSAGA最高!!

思い返せば佐賀は意外と思い出に残る撮影ができてる場所な気がする。

この時も佐賀だったし。

photo-no-wa.hatenablog.com

 1年前の記事。懐かしすぎる。

 

今回の旅行では自分の撮った写真をしっかり見返すことができました。

その中で『構図はこうすれば良かったな。』とか『アングルがイマイチ』だなと思うことがたくさんありました。

特にアングルに関しては、ぼくはいつも自分の目の高さから撮影してしまうクセがあるようなので、これから意識していきたい。

こんなことにも再認識させてくれる旅行になりました。

 

え?旅行の目的?

母の還暦祝いですが何か?

 

佐賀県で紅葉を撮ってきた!!~1日目 御船山楽園~

先日、母の還暦祝いに佐賀県紅葉狩りに行ってきました。

例年なら紅葉満開の最高のタイミングだったのですが、今年に至っては例年より10日早く見ごろを迎えたとのこと・・・。

ぼくたちが行ったときには、すでに見ごろを終えてしまっていました・・・。

 

それでも!!

それでも、やっぱろ素晴らしかったのでこうして記事にしているわけです。

ぜひ、最後まで見てください。そしてSAGAの魅力に酔いしれてください。

 

佐賀いいよ?かなりおすすめ。

佐賀で紅葉を撮ってきた!!1日目は御船山楽園!!

今回の旅行は佐賀県での紅葉狩りが目的。

1日目は温泉でも有名な武雄市の御船山楽園に行ってきました。

 

御船山楽園の紅葉と言えば、知る人ぞ知るスポットで、入るのに結構並んだ覚えがあります。

しかも、紅葉シーズンはライトアップもされ夜の部も開園されるため、かなりの人の多さ。

 

ですが、今回は見ごろも終わったからか意外とすんなり入れました。

紅葉狩り開始!!

さすがに、見ごろ終わってました・・・。

葉は落ち、寂しそうにする枝・・・。

ぼくの心もぽっかり穴が開いたようです・・・。

 

残念な気持ちのまま撮ってみたのがこちら・・・。

 

 

f:id:photo-no-wa:20181125221147j:plain

・・・めっちゃきれいやないかーい!!!

まぁね、確かに見ごろは終えてましたよ。

ピークは終えてた。

 

でもね、ピークを過ぎたベテラン選手にしか出せないいぶし銀もあるわけよ。

ん?何の話??

 

とにかく、ピークは過ぎたと言えなかなかの美しさ。

まだまだ、紅葉した葉が生い茂っている木もあるし、逆に、葉が落ちた枝もいい感じで美しいものもあります。

これぞいぶし銀。

最高。

f:id:photo-no-wa:20181125221222j:plain

人を絡めて撮ってみた!!

ピークを終えたとはいえ、観光客もそこそこ来てました。

多すぎず、少なすぎず。

 

・・・人、絡めてとれるやん(*´ω`*)

ぼくの思考回路がそう働くのは自然の流れ。

 

さぁ、撮影開始。

f:id:photo-no-wa:20181125221411j:plain

紅葉の祝福を浴びる二人・・・。

ステキやん?(*´ω`*)

 

多すぎないから、ごちゃごちゃしてなくて撮りやすい。

見事のピークを終えていたことが、逆に恩恵に。ありがたや・・・。

 

f:id:photo-no-wa:20181125221241j:plain

カップル・・・いいですねぇ。

ステキやん?(*´ω`*)

純粋に紅葉を楽しんでいる感じにすごく好感がもてました。二人の距離感がいいです。

 

何を撮っても良い感じになる

f:id:photo-no-wa:20181125221444j:plain

こういう雰囲気も大好物(´▽`*)

落ち葉が敷き詰められている感じもいいですよね。

そして、この階段の先には何があるのか?

想像を膨らませてくれます。

 

f:id:photo-no-wa:20181125221429j:plain

もちろん紅葉もいい感じ。

最近、意識している光のコントラストを活かしてみました。

やっぱり光は大切だなぁ・・・。

photo-no-wa.hatenablog.com

 

ピークを終えていたことにより、紅葉だけでなく落ち葉に注目したり、少し寂しい紅葉をどう表現するか考えたりして撮影することができて楽しかったです(´▽`*)

さすがいぶし銀!!

いよいよライトアップ!!

さぁ、そんなこんなで少しずつあたりも暗くなってきました。

ライトアップの時間ですよ、皆さん。

 

ここ、御船山楽園は大きな池の周りに紅葉した木が生えています。

ということは、ねらうべきは・・・そう。

リフレクション!!

 

みんな大好きリフレクション!!

期待をして撮ってきましたよ!!

f:id:photo-no-wa:20181125221503j:plain

f:id:photo-no-wa:20181125221737j:plain

正直、もう少しきれいに撮りたかった・・・。

なかなかライトアップされた紅葉を撮るのは難しい。

 

でも、まぁそれなりに満足です。

リフレクションも今回はこれが限界かな。

もう少し暗くなるまで待った方がきれいに反射したのでしょうか?

 

でも、旅館の夕食の時間もあったので、今回は早々に切り上げました。

何よりも寒くて、まだ10ヶ月の子どもも連れていたのでこの辺が引き際。

夜に撮影できただけでも良しとします。

家族大事。

 

まとめ

とにかくいぶし銀。

何度も言いますが、ピークを終えてはいてもなかなか最高でした。

ただ、これから行かれる方はもしかしたらちょっと寂しいかもしれません・・・。

 

しかし、今回も最高だったんですが、2日目の紅葉もさらに最高でした!!

 

え?

そうですよ?

 

2日とも紅葉狩りですが何か?

 

次回は、2日目のことを記事にしたいと思います。

ただ・・・写真の整理がまだ全然終わってないので、もしかしたら別記事1個はさむかもしれません(^▽^;)

 

ちなみに今回の撮影はSonyのα7Ⅱとタムロンの28-75 f2.8で全て撮影しました。

寄れるし、ズームできるしやはり使いやすいレンズですね(^^♪

 ファーストインプレッションはこちら。

photo-no-wa.hatenablog.com

 

それでは2日目の記事をお楽しみにー!!

写真整理頑張ります(^▽^;)