ふぉとの輪

ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

中望遠単焦点レンズが欲しい!!

お題「カメラ」

みなさん、こんにちは!ちゅうです。

わたくしごとですが、最近無性にポートレートが撮りたいという衝動に駆られます。まぁ、撮影会に行く時間はないけど。今度、子どもも産まれるし家族との写真を撮りたいなぁと思います。それか、道行く人に声をかけて撮らせてもらいます。

…ハイ、うそです。まだそこまでのコミュ力と度胸はありません。ぼく、人見知り。

f:id:photo-no-wa:20180118214921j:plain

それと、猫。他の方のブログで猫の写真を撮られてる方がいて、いいなぁと思いました。まぁ、飼ってないんだけど。写真を始めて猫に興味がわいてきました!あ、ちなみに完全に犬派です。

と、いうことで今回はポートレートに最適と言われる中望遠の単焦点レンズで僕が欲しいと思うものを3つ紹介します!

f:id:photo-no-wa:20180118221053j:plain

ぼくが欲しい中望遠単焦点レンズ

焦点距離について 

まず、単焦点レンズということで焦点距離を決めます。もう決まってます。ズバリ、85mm

え?なんで85mmかって?

理由1.ポートレートに最適と言われる焦点距離だから

だいたい、ポートレートに最適な焦点距離は85mmから135mmというのが多いようです。これは、やや望遠気味のレンズのため、ボケが大きくモデルを目立たせることができることと、広角レンズなどに特に見られる歪みが少ないからだと思います。

まぁ、50mmでもポートレートを撮ることも多いみたいですが、より望遠の方が細部を切り取れるのでぼくは中望遠単焦点レンズが欲しいです。

理由2. 40mmのマクロレンズで撮るとすこし広く感じるから

今、持っているレンズが40mmのマクロレンズ

このレンズを35mm換算すると60mm。それでも子どもを撮る時に広いと感じます。やはり85mmがいいかなぁと思う今日この頃。フルサイズに移行した時にそっちの方が幸せになれる気がするんだよなぁ。

そして、ぼくが持ってるD5300はAPS-C機なので、レンズの焦点距離が1.5倍。

つまりD5300で使えば85mmの焦点距離はおよそ130mmとなり、これはこれでポートレートに向くと言われる画角に。フルサイズでも使えてD5300でも使える。まさに1度に2度おいしい。ぼく、おいしいの大好き。

f:id:photo-no-wa:20180118220909j:plain

では、ぼくが購入する(予定) レンズ候補を紹介します。

Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

はい、安心・安全の純正ドーン!!

やっぱり純正レンズは安心です。このレンズの魅力は、まずコスパ。そう、ぼくの大好きなコスパです。純正なのに5万6千円程度で買えるとお買い得商品。

安いから写りは…と諦めかけたそこのあなた!この商品、写りも良好です。使ったことないけど。ネットの評価を見てみると、まぁまぁ解像度も良く、開放ボケも良い。ポートレートレンズとして使い勝手がいいとのこと。期待ができます。

そして、このレンズのもう1つの大きな魅力が軽さ。約350gめっちゃ軽い!!

やっぱり軽さは正義なので、この軽さは嬉しい限りです。

実は、純正には、同じ85mmでf1.4もありますが値段が…。それに、f1.4を使いこなせるか?違いを見分けるだけの目があるか?と考えるとはてながいっぱいになったので、純正ならこっちかなと思いました。

…もうこれに決めようかな(笑)

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

 

TAMRON SP85mm F1.8 Di VC ニコン用 フルサイズ対応 F016N

TAMRON 単焦点レンズ SP85mm F1.8 Di VC キヤノン用 フルサイズ対応 F016E

みんな大好き、タムロン先生。2016年販売でこの中では一番新しいレンズ。

このレンズの最大の特徴は強力な手ぶれ補正。ぼくみたいなぶれぶれマンにはありがたい限りです。まぁ、頼らず撮れよという話ですが。手ぶれ補正がない方が解像度は高いようですが手ぶれ補正を使うかどうか選べるのでシチュエーションによって使い分けることができるのも嬉しい。

そして、気になる画質は素晴らしいとしか言い様がないときた。解像度、ボケ、色表現、何をとっても素晴らしいとのこと。さすが、ポートレートを得意としてるタムロン先生。素晴らしいレンズ作ってくださりますなぁ。

値段は先述のNikon純正よりやや高い7万3千程度

そして重さも純正と比べると重い662g

この値段と重さをどう捉えるかって感じですね…。 

 SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM ニコン用 フルサイズ対応

バッキバキの解像感で有名なSIGMAのレンズ。そしてさらに、誰もが一度は憧れるシグマのArtレンズ。ArtレンズとはSIGMAの製品の中でハイスペックなレンズに付けられる称号です。…かっけー!!

まずは値段。約11万円です。実はこのレンズの1つ古い型はあと2万円安く購入できます。うーん、これは悩みどころ。でも、多分ぼくは2万の差ならこっち買うかな。結局、こっちがほしくなって沼で溺れるはめになりそうだし。

写りもはやはり半端ない。まず、f1.4からくる大きなボケ。そして、シグマらしいキレッキレの描写。そりゃ、シグマだもん。Artレンズだもん。すごいに決まってるもん。

あと、このレンズ重いです。771gあります。

重い?は?最高の絵を撮るためなら全て捧げるぜ!って方に特におすすめ。重さの分、出てくる絵は素晴らしいと思います。

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM ニコン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM ニコン用 フルサイズ対応

 

 まとめ

あー、レンズ欲しい。そして悩む。今の段階だったら純正かタムロン先生なんだよなぁ。宝くじ当たったらシグマも有力。タムロン先生買うなら純正とさらに純正の50mm単焦点レンズの2つ買っても同じくらいの値段になって良さげだし…。

とりあえず悩みます。これらのレンズやその他のレンズの情報ありましたらお待ちしています。

みなさんもどっぷり沼に浸かりましょう(´∀`*)一緒に溺れましょう!!

それではみなさん、良いカメラ沼ライフを!!

曲者!!オールドレンズ!!

お題「カメラ」

みなさん、こんにちは!ちゅうです。

いきなりですが、カメラって素敵な趣味ですよね。いろんな素敵ポイントはありますが、特にいいなぁと思うのが、年齢を重ねてもできるということ。

スポーツなどの運動系は年齢からくる体力の衰えが必ずやってくるもの。ぼくもサッカーをしますがひざ、腰が痛いし、ダッシュ一本で酸欠です。走るのきらーい。

その点カメラは『機材が重く感じる』『視力の低下で見えなーい』などはあるかもしれませんが、基本的には年齢を重ねても楽しめる、さらには向上出来る趣味。

そして、それは人間だけでなく道具も同じということ!

古いレンズだって活躍できるんだ!!カメラって素晴らしい!!

 

…前置きが長すぎるという皆様の心の声が聞こえてきますが、要するに今回はオールドレンズ使ってみましたーという内容の記事です。

 

f:id:photo-no-wa:20180106101006j:plain

今回は使ったのはコレ!!

 NIKKOR 50mm 1.8

f:id:photo-no-wa:20180115215619j:plain

すみません…。このレンズ貰い物でちゃんとした名前が分かりません。

多分、AI-s NIKKOR 50mm 1.8だと思うのですが。だれか教えてー。

状態はいいとはいえない…むしろ悪い?状態でしたが、もらえるものならもらっちゃえ!進めー!!って感じでもらいました。

はじめに・・・

実はこのレンズ、去年の夏にもらっていました。

…が、しかし、ほとんど使うことがなく、売ってしまえとすら思っていました。

その理由がこれ!

f:id:photo-no-wa:20180114230726j:plain

ほとんど、真っ白か真っ黒の写真になる!!

えぇ…分かってますよ。レンズのせいじゃなくてぼくの技術のせいですよ。

オールドレンズはマニュアルでの撮影なので、ずっと絞り優先モードで撮ってたぼくはこんな写真の連発でした( ;´Д`)

この時のぼくは、全然『絞り』『シャッタースピード』『ISO感度』の関係性を理解出来ていなかったんですよね。いやー、反省反省。

んで、最近なんとなくこれらの関係性が分かってきたのとネットでのオールドレンズ人気に乗っかってやってみようと思いました。

 

では、撮影して気づいたことを紹介します。

フィルムみたいな写り

f:id:photo-no-wa:20180114230916j:plain

とりあえず、撮れた!!一歩前進。

撮ってみるとなんか、独特の写り。フィルム写真みたいな写りです。フィルム写真撮ったことないけど。

神社とか雰囲気が出ていいなーと思いました。ぼく、この雰囲気けっこう好き。少し、アンダー気味で撮るといいのかな。

解像感もぼくの中では充分なレベル。思っていたよりもしっかり写してくれます。

オールドレンズ…年寄りだからと侮れない。

F1.8の明るいレンズでしっかりボケる

f:id:photo-no-wa:20180114230808j:plain

このレンズ、ぼくが持ってる中で1番明るいレンズ。1番古いのにNo.1です。

明るいレンズなので、室内でも使いやすい。そして、かなりボケます。

でも、いまいちボケの感じが好きではなかったんですよねー。

f:id:photo-no-wa:20180114230737j:plain

なんか、モヤモヤっとした感じ。そして、なんかのっぺりした色乗り。ただ、これはレンズの状態が悪いからなのかぼくの設定が悪いからなのかよく分からない。他の作例観たら、このレンズならもっとキレイにボケるはずなんですよね。

ちょうど今、Nikonがオールドレンズのメンテナンスサポートしてるみたいだから出してみようかなー。そして、あとは使ってみて研究あるのみ!

今後について

まずは撮りまくる。そして、このレンズに慣れること。絞るとかなり解像してくれる印象なので、使い方次第だと思います。

下の2枚とかはくっきりしててけっこうお気に入り。桜木花道なみのかなりのポテンシャルを秘めたレンズだと勝手に思っているのでとっても楽しみです。

f:id:photo-no-wa:20180114230930j:plain

f:id:photo-no-wa:20180114230942j:plain

 まとめ

このレンズを使って何よりも実感できたのがマニュアル撮影の楽しさ!

ぼくのD5300でこのレンズを使うには完全にマニュアル撮影しかできません。

『絞り値』『シャッタースピード』『ISO感度』を設定し、露出決定。マニュアルフォーカスでピントを合わせてファインダーをきる。そうやって撮った写真には、いやでも愛着がわきます。写真を撮るという行為の楽しさを教えてくれるレンズです。

いやー、カメラ楽しー!!もっと撮るぞー!!

 

最近、ぼくの記事に色んな方ごコメントしてくださったりアドバイスしてくださったりしてとても参考になっております。そして、何よりうれしいです(´∀`*)ありがとうございます!

今回のオールドレンズについてもアドバイスなどたくさんお待ちしております。

 

それではみなさん、良いカメラライフを!!

FUJIFILM ミラーレス X-T2を衝動買いしそうになった話

お題「カメラ」

みなさんこんにちは。

最近物欲が止まらないちゅうです。

 

先日、コジマ電機に行ってきました!いやー、ダメですね(笑)物欲がとまらない。

危うく衝動買いをしてしまうところでした。

え?なにを衝動買いしそうになったのか気になるって?そうでしょ?

それを今から紹介します!

FUJIFILM ミラーレス X-T2を衝動買いしそうになった

ぼくが衝動買いしそうになったのはコレ!

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

FUJIFILMのミラーレスカメラ、X-T2!!

先日の記事でフルサイズミラーレスが気になるということをお知らせしましたが、その流れでミラーレスについて調べてみたら、無性にFUJIFILMが気になるようになりました。

photo-no-wa.hatenablog.com

 多分、ぼくが今ミラーレスに変えるとしたらほぼ確実にFUJIFILMを選ぶと思います。その理由はこちら!

画質にこだわっているメーカー

試しに『FUJIFILM ミラーレス』でググってみてください。ほぼ確実にどのサイトでも『画質がいい』とか『色がきれい』とか出ます。

また、機種によっては『他メーカーのフルサイズ機に迫る画質』などという出てくることもあります。

…軽くて、フルサイズ並み?

…買うでしょ。となるのが普通です。

作例もたくさん観ましたが、ホントにきれいな写真ばかりでした(´∀`*)

やはりFUJIFILMさんは画質、特に色彩に力を入れているメーカーさんなのでしょうね(´∀`*)こだわりが前面に推し出ているあたり、好きです(笑)

デザインが好き

もう、完全に好みの問題。見て、これ。

f:id:photo-no-wa:20180112122648j:plain

上に貼った黒もいいけど、このメタリックでレトロな感じもたまらん。

…うん、欲しい。

f:id:photo-no-wa:20180112122845j:plain

そしてさらにダイヤルがガチャガチャしてる感じ。

男心をくすぐってくれます。あー、ここをガチャガチャいじりたい。それだけで幸せになれそう。

…うん、やっぱり欲しい。

レンズラインナップが充実

純正の2.8通しの標準ズームレンズでも12万円くらい。ぎりぎり手が出せそうなところです。さらに、単焦点レンズのラインナップ、質ともに素晴らしいとのこと。値段も安くはないですがやはりだいたい10万円前後。頑張れば手が出せそうな所に揃えてら所もいいですね!

…もう、これでいいんじゃね?

 

踏みとどまった理由

こんな予備知識を入れた上でのコジマ電機。むしろ買う気で行っていたのかもしれません。

実際に手にとって触ってみると、やっぱりいい!!カッコいい!!

しかし、ある2つの理由からぼくは衝動買いを踏みとどまることになります。 

理由1.  軽量・コンパクトだけど・・・

実際に目にして手にとってみるとやはり軽量・コンパクト!

と、思ったと同時にもう1つの思いが…。

『あれ?でも、おれのD5300とそこまで変わらないような…。』

そうなんです!ここに来て、私の相方の素晴らしい点が垣間見えるのです。それはD5300も軽量・コンパクトな一眼レフだということ。

たしかに、FUJIFILMのX-T2の方が軽いですがそこまで差を感じなかったと言うのが本音。調べてみると、ボディ単体でX-T2が457g、D5300が480g。

あらためてD5300めっちゃ軽いな!と驚きました。

そして、グリップの持ちやすさに関しては圧倒的にD5300。グリップが持ちやすいことにより、この重さの差は無い、もしかしたら逆転してるのでは無いかと思えるほどです。

理由2.  ファインダーやオートフォーカスに違和感

これは、よく分かりませんがファインダーを覗いた時になんか違和感が…。普段ニコンを使っているからかもしれませんが、なんかファインダーをのぞいた時にボヤけて見える。

もちろん、視力の調節ダイヤルで調節はしましたがそれでも違和感。慣れの問題なのかなぁ(^_^;)

あと、ファインダーをのぞいてのオートフォーカスが遠近差のはっきりしてるところでは合うけど、少し距離があり遠近差が少ない所ではいまいち合ってないような感じがする。ただ、撮影してみて液晶画面で確認するとしっかり撮れてました。

んー。なんなんだろう?

レンズの問題かもしれないし、なんとも言えません。

最後に

以上の2点の理由で衝動買いはふせがれました。ただ、X-T2を触れたのは5分!はっきり言って、ファインダーやオートフォーカスの件は勘違いや慣れからくる違和感の可能性もあります。

ネットでいろんな方のレビューを見る限り、素晴らしい機種であることは間違いないと思います。

やっぱり欲しいなー。でも、フルサイズも欲しいなー。

…完全に沼で溺れている状況です。

何か沼を抜け出せるようやアドバイスなどあればいつでもお待ちしております。

それではみなさん、沼に溺れぬよう良いカメラライフを!

フォトグローブが届きました!!

みなさんこんにちは。

あまりの寒さにホッカイロを腰と両足裏に貼りながら仕事をしているちゅうです。

 

いやー。寒い。

 

ここ数日は半端ないです。ぼくの住む九州でも、最高気温2度という極寒。

こんな時欲しいのがフォトグローブ。特に写真を撮る場合、カメラを操作するので操作性が重要になります。

そんなぼくが購入したのがこちら。

 Lowepro プロタクティックフォトグローブ

【国内正規品】Lowepro プロタクティックフォトグローブ Mサイズ 369629

実はこれ奥さんからのプレゼントだったんです(´∀`*)

え?ステキな奥さんでうらやましい??ありがとうございます。

以前のぼくの記事を読んでくれていたようで、プレゼントしてくれました。

photo-no-wa.hatenablog.com

 と、いうことで今回はこのフォトグローブを着けてみて気づいたことをお知らせします。 

指先を出せる

このグローブの特徴は人差し指と親指を出すことができ、その際グローブの指先はマグネットで止めることができるということ。こんな感じです。

f:id:photo-no-wa:20180111002209j:plain

最初、つけた時思ったよりも指がでない、マグネットが止まらないと思いましたが、グローブから指先を出して、グッと奥まで手を入れることでしっかりと指が出て、マグネットも止まるようになりました。

カメラを扱う時は、丁寧に扱いたいところ。そんな中、指先を出せるのは個人的にとても嬉しいです。

フィルターやレンズキャップをはめたりレンズ交換したりする時にいちいちグローブをはずさなくてすみます。

毎回、グローブはずすの絶対めんどくさいと思う。

ちなみににぼくがつけるとこんな感じ。ジャージですみません( ̄▽ ̄;)

f:id:photo-no-wa:20180111002521j:plain

f:id:photo-no-wa:20180111002534j:plain

ちなみにぼくの手はあまり大きくないし、特段小さくもありません。中指の指先から手首までが16から17センチくらいです。

そんなぼくでちょうどいいか、少し大きめ。

なので、普通の方はMサイズでいいのかと思います。手の小さい方はSの方がいいのかな。

どんな場面で使えるか 

この手袋、ぼくが思っていた以上に分厚い。まぁ、ぼくがどれくらいの厚さだと思っていたんだって話になるんですが…。

なんか、うすいスキー用手袋って感じでしょうか。ぼくはパッと見た感じ手にピタッとフィットする感じだと思っていましたがそんな感じではないですね。

なので、結構寒さを防げるかも。ただ、やっぱり雪山とか気温が低い地方にお住みの方はそれでも寒いのかな?ぼく、普段あんま手袋つけないから分かんないんですよね(笑)

でも、あるのと無いのとだったら全然違うし、山とかはあまり登らないなという方にはおすすめできると思います。

何よりコスパ!!

そして、なにより安い。僕が買ってもらった時はたしか2300円くらいだった気がするけど、今なんか値上りしてるんですかね?Amazonで3500円程度。

手が寒いからフォトグローブ欲しいなと思ってる方は1つ買ってみてもいいのかなと思います。

まとめ

いかがでしたか?とにかくぼくみたいに、ものすごく寒い地域に住んでいるわけでなく、雪山に登って写真を撮ることは少ないという方にはおすすめできるグローブです。

デザインもシンプルで非常に使いやすいと思います。

さあ、これからこの手袋つけて写真を撮りまくるぞー!!

それではみなさんも良いカメラライフを(´∀`*)

2018年の目標 〜テーマ性のある赤ちゃん撮影〜

今週のお題「2018年の抱負」

お題「2018年に挑戦したいこと」

全国のカメラパパ&ママのみなさん。

こんにちは。ちゅうです!!

えー、私ごとではございますが…もうすぐ新たな家族を迎えることになりそうです(´∀`*)わー、パチパチ。お祝いの品を送ってくださる方はご連絡ください。

まぁ、臨月でいつ産まれてもおかしくなく、身重の妻を横にしてこの記事を書いておる私です。

『えー、さいてー。』という声が聞こえますが聞こえないふりをします。

そういうことで今年の目標が1つ増えました。

今年は赤ちゃん撮影

いやー、赤ちゃんって無条件に可愛いですよね。なので、もちろん赤ちゃん撮りまくります。

 息子にとっては妹ができるわけで、2人の写真もたくさん撮りたい。

でも、ただ撮るだけなら今までと一緒ですよね

そして、今年のぼくのテーマの1つが写真にストーリー性(テーマ)をもたせるということ。

なので、今年は何かテーマのある赤ちゃんの撮影がしたい!

…え?いや、毎回は無理ですよ??何も考えずシャッター切る時もありますよ?むしろそれがほとんどですよ?( ̄▽ ̄;)

ただ、たまにはそういうことを意識して撮ってみたいなーって思ってるんだなぁ位で受け止めてください(^_^;)

ちなみに以前紹介したのはこの写真。

f:id:photo-no-wa:20170906192939j:plain

これ、何が好きってアングルを工夫したこともあるけど、なんかストーリー性ありません?

『小さい体で一生懸命登ってるんだな。』とか『頑張れー!』って応援したくなったり…。親だからでしょうか?でも、そう感じるからぼくはこの写真が好きなんだと思います。

こういうストーリー性もテーマの1つになるし、それ以外でもテーマを設定できます。例えばこの写真。(スマホにしかデータが残っておらずそこから貼り付けてるので画質が悪いかもしれません(^_^;))

f:id:photo-no-wa:20180108130745j:plain

これは、ぼくがカメラを趣味にする前に撮った子どもの写真。この後、ぼくは1年間カメラを触らない暗黒期に入ります(笑)

まぁ、その話は置いといて、これは子どもにピントを合わせようとしたんですが、あとで見るとバッチリ手前のボンボンにピントが( ̄▽ ̄;)完全にミス。

でも、なんかこの写真ずっと好きだったんですよね。で、今テーマという視点で振り返ると、ボンボンにピントが合ったことで逆に『柔らかさ』とか『温かさ』が表現できたかなと思うんです。

…え?ぼくだけ??とにかくそう思うんです|( ̄3 ̄)|

まぁ、この時は偶然。でも、これからはこんな風にテーマをもった写真を撮りたいです。

まとめ

とにかく今年はたくさん写真を撮りたい。

子どもも風景もいろんなことにチャレンジしたい年です。そして、少しでもテーマ性のある写真が撮れればと思います!

皆さまのアドバイス、たくさんお待ちしてます(´∀`*)

それではみなさん、良いカメラライフを!!